【観光】『ウルヴァリン: SAMURAI』

そろそろ広島行きの日程や行程を考え始めている人も多いかと思います。

広島には、『たまゆら』の竹原市、『かみちゅ』の尾道市、『朝霧の巫女』の三次市、『君のいる町』の庄原市等、いくつもの所謂「聖地」と呼ばれる町があります。
その他にも、名言こそされていませんが、福山市鞆の浦が『崖の上のポニョ』の舞台であろうという説は有名ですし、アニメ『蒼穹のファフナー』の舞台である竜宮島は、福山市や尾道市がモデルとされています。

昔から映画のロケ地として選ばれることも多く、大林宣彦監督の尾道三部作や新尾道三部作を始め、『仁義無き戦い』シリーズ等、多くの作品に、広島や瀬戸内の美しさが描かれています。
近年では、福山市にある「みろくの里」が時代劇のロケに使われることも多く、『あずみ』や『大帝の剣』、『龍馬伝』の一部もここで撮影されました。
また、去年公開された映画『サルベージ・マイス』は、ほとんどのシーンが広島市中心部で撮影されており、広島民は「あ、ここは~」といった、発見する楽しみもありました。
広島民以外の人でも、映画を観た人は、広島のあちこちで「あ、ここは~」と思うことでしょう。

そしてこの秋、広島で撮影された映画が公開されます。
しかもハリウッド映画。しかもアメコミ原作。
9月13日より公開される、『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品『ウルヴァリン: SAMURAI』です。
ヒュー・ジャックマン演じる「ウルヴァリン」が広島の地で、アダマンチウムの爪で大暴れしたとあっては、こいこん実行委員会として、紹介しないわけにはいきません。

まだ公開されていないので、どのシーンが広島ロケなのかはわかりませんが、ロケ地は新幹線福山駅、福山市鞆の浦、福山市みろくの里等。
これらの場所を、映画を観る前に探索し、後で「あー、ここ行った行った」といった楽しみ方も出来るのではないでしょうか?
この映画には、日本人俳優として真田広之氏の名前が挙がっていますが、小川直也氏と闘っていたというロケ情報もあり、今から期待に胸踊らせている人も多いはず。
今から色んな意味で公開が待ち遠しい、そんな映画です。

一つ残念なのは…
劇中でのシーンは「広島」ではなく、九州ということ。
ん~、聖地になりそこねたなぁ。

『ウルヴァリン: SAMURAI』公式サイト
http://www.foxmovies.jp/wolverine-samurai/

 

カテゴリー お知らせ, 広島名物, 広島情報, 観光
投稿者 広報の中の人

コメント

コメントする