【食事】ミシュランガイド広島 2013 特別版

大会まであと2ヶ月を切り、そろそろ広島での食事や観光などに目を向けている人も多いと思います。
そこで今回ご紹介したいのはコレ!
先日発売されたばかりの『ミシュランガイド広島 2013 特別版』です。
http://www.michelin.co.jp/Home/Maps-Guide/Red-guide
「ミシュラン」とは、世界でもトップクラスのタイヤメーカーで、自動車で旅行する方へ配布された観光ガイドブックがこの『ミシュランガイド』の発端ということです。
まぁ、その他、詳しくはググってください…。

日本では、首都圏、関西、北海道に続いての選出ということと、地元民でも知らないお店が掲載されているということもあり、広島の書店では売り切れ続出。
発売初日は真っ赤に染まっていた書店の棚も、今では棚の地の色むき出しとなっています。

さて主な内容ですが、高くて凄くいいお店から、安くて結構いいお店まで幅広く紹介されており、お店で提供される料理の種類にも様々なカテゴリー分けがされて探しやすくなっています。
有名な広島料理「牡蠣料理」や「お好み焼き」以外にも、今までにはなかった「うどん」「カレー」「タイ料理」など多くの新カテゴリーが追加されており、意外と知られていない広島名物「穴子」もしっかりカテゴリー分けされています。

また、3,500円以下で食事ができる「ビブグルマンマーク」付きのお店の他にも、無印ながらオススメのお店が200軒掲載されており、今まで知らなかった広島を堪能するに必須の一冊と思われます。

「広島に行ったけど、食事にお金を掛けたくないなぁ」な人も大丈夫。
うどんやお好み焼きなど、数百円~のお店もバッチリ、全て1ページで紹介されています。
広島のうどんは主に鰹だしの薄味で、汁に甘みがあるのが特徴。
チェーン店の「ちから」や「むさし」は結構オススメです。

この『ミシュランガイド広島 2013 特別版』にはweb版もあるようです。
http://michelinguide.gnavi.co.jp/about
Amazonでも、在庫があったりなかったり。
見つけたら即買いしておきましょう。

話は全く変わりますが、一部のカップ麺って、関東都関西で味が全然違うって知ってました?
「どん兵衛」等は、広島では薄味。
一度ご賞味あれ。

 

※まぁ、過去にも色々と言われていることですが、この本に紹介されているお店が全て、確実に美味しいという保証はありません。
数ある広島ガイドブックの一つとして、参考程度に…がいいかとw

カテゴリー お知らせ, ショップ, 広島名物, 広島情報, 観光
投稿者 広報の中の人

コメント

コメントする