【企画】アイドルと真剣にSFを語る

なんの予備知識もない図書館での濫読で、単純に「素敵」と感じた本がP.K.ディックや吾妻ひでおだったという、現役アイドル西田藍。そのプロフィールに軽くショックを受けた津原泰水が、この種の現象こそがSFの動向を左右するのではないかと妄想してごり押しした企画。大森望も交え、なるべく真面目に語ってみます。

津原泰水 (小説家)
西田藍  (コスプレ書評アイドル)
大森望  (書評家、翻訳家、SFアンソロジスト)

カテゴリー 企画紹介
投稿者 企画局

コメント

コメントする