【観光】広島市まんが図書館

実に10万冊以上のマンガを所蔵する、マンガ専門の図書館。
マンガファンにはうれしい、そんな施設が広島市にはあるのです。

マンガを専門に扱う図書館は「明治大学現代マンガ図書館」や「京都国際マンガミュージアム」など国内にほかにもあるのですが、公立のマンガ専門図書館はここ「広島市まんが図書館」が唯一の施設となっています。

1996年に「比治山公園青空図書館」をマンガに特化した図書館に刷新する形で誕生しました。

場所は広島市の南側にある高さ71.1メートルの比治山周辺に設けられた「比治山公園」内に位置しています。公園内には「広島市現代美術館」や立体遊歩道「比治山スカイウォーク」なども設けられ、自然の中でゆったりと芸術に触れることのできるお散歩コースになっています。

広電「比治山下」駅、「段原中央」バス停から、比治山公園内を歩いて行くことができますが、どちらからも1キロメートル近くは歩くので、行く方はお散歩がてらのつもりで訪ねられてみてくださいね。
交通アクセスは下記の通りです。

・電車
広島駅前から、5系統(広島駅~比治山下~広島港)の路面電車で「比治山下」電停下車 徒歩約800メートル

・バス
八丁堀(天満屋前)から比治山トンネル経由「旭町」「大学病院」行き
「段原中央」下車

広島駅(3・4番乗り場)から、「旭町」「大学病院」行き
「段原中央」下車
比治山スカイウォーク経由で約950メートル

〈参考リンク〉
「広島市まんが図書館への道しるべ」
http://www.library.city.hiroshima.jp/manga/riyo/access.html

(図書館HPより)

開館時間と休館日は

・火曜日~金曜日の午前10時~午後5時
・土・日・祝日(および8月6日)の午前10時~午後5時
・月曜休館

となっています。
「こいこん」期間中は、通常であれば開館のはずですが、念のためお出かけ前には図書館の開館カレンダーのご確認をお願いします。
(→「開館カレンダー」はこちらの利用案内からご覧になることができます。
http://www.library.city.hiroshima.jp/manga/riyo/ )

コンセプトは

”まんが資料の収集、整理および保存”

”まんが資料の閲覧そして貸出”

”展示、講座など、各種行事の開催”。

(図書館HPより)

1人5冊まで館内での閲覧ができますし、広島市立図書館の利用カードをお持ちの方であれば、2週間以内の貸出手続きもすることができます。
閉架の本は受付で係の方に依頼すれば出してもらうことができ、開架の本は、雑誌、少年マンガ、少女マンガや青年マンガの単行本はもちろんのこと、大判コミックスや愛蔵版、文庫版なども、作者名順に整理されてすっきりと棚に並んでいます。

「小さいころによく読んでいたけれど、いつのまにか、読み返さなくなってしまった・・・・・・」

「あのとき友だちの家で読んでおもしろかったけど、題名が思い出せない・・・・・・」

「書評を読んで興味だけは持っていたけれど、手に取る機会がなかった・・・・・・」

意外と上記のようなことが、小説や新書に比べて多く起こるのがマンガではないでしょうか。ひとつの作品を繰り返し読むことでわかってくる味わいもあるものと思いますから、一定以上の年齢の方なら、懐かしの作品との再びの出会いに活用するのも手かもしれませんね。

普段、書店で見かけることの少なくなってしまった昔の名作に多く出会えることや、知られざる良作も含め豊かな種類の作品がそろっていることは施設の大きな魅力でしょう。明るくきれいな館内でゆっくりと過ごしながら、昔の作品に触れて新たな見方を発見してみてもいいでしょうし、日ごろ自分からはなかなか読まないジャンルの作品に挑戦してみるのもおもしろそうです。

江戸時代に出た葛飾北斎のスケッチ画集『北斎漫画』の版本や、大正時代の児童向け人気マンガ『正チャンの冒険』の横長本といった、マンガの歴史にかかわる貴重書コレクションも所蔵。
現代におけるマンガの広がりばかりでなく、過去から未来へつながるマンガという表現分野の進化も学ぶことができます。

「こいこん」前後にはちょっと比治山まで足を伸ばして、「広島市まんが図書館」を訪れ、2階の閲覧室や、図書館周辺の自然の中でのんびりとマンガを読んで、気持ちを切り替えてみてはいかがでしょう。



【観光】広島オタク街

コンパックが行われる「広島の宿 相生」を出て南に少し歩き、最初の信号を左に折れると、もうそこは広島のオタク街。

まず左側に目に付くのは「ホビーステーション」という看板。
ここは、SF大会でもお馴染みの、カードゲームの専門店。
http://www.hbst.net/

そこから東に数十メートル進むと、「Yellow Submarine」の黄色い看板。
ここは、フィギュア、プラモ、TRPG等、色んなジャンルのオタグッズを扱うお店。
http://www.yellowsubmarine.co.jp/

その斜め向かいには、コミックショップ「とらのあな」
3月に少し離れた場所に移転のようです。
移転先は下記URLにてご確認を。
http://www.toranoana.jp/shop/hiroshima/index.html

更に進んで信号を右に折れると、3月に「アニメイト」が引っ越してきます。
http://www.animate.co.jp/
また、同じ建物には「プレミアアニメショップ らしんばん(http://lashinbang.com/recruit/029.html)」がオープンするそうです。
googlemapで見ると、現在は「デオデオ ネバーランド広島店」と表記されている建物です。

信号を折れずに進むと、左側にショッピングビル「サンモール」があり、この中には幾つものオタショップが!

3階には様々な模型を扱う「Hobby Town」。

4階には、広島の老舗アニメショップ「中央書店コミコミスタジオ」。
鉄道模型の店「ポポンデッタ(http://www.popondetta.jp/)」。
ホビーやドールを扱う「ボークス(http://www.volks.co.jp/)」。
ゴスロリ衣装を扱う「ケラショップマリア」と、恐ろしいラインナップ。

5階には「ヴィレッジヴァンガード(http://www.village-v.co.jp/)」。

この界隈だけで一日中楽しめそうな、まるで広島の秋葉原。



【観光】新型路面電車1000形

http://www.hiroden.co.jp/

2月15日から広電市内電車で新型の超低床車両1000形が営業運行を開始しました。
デビューしたのは
1001号-愛称「PICCOLO ピッコロ」
1002号-愛称「PICCOLA ピッコラ」
の2編成。

1000形は市内線用の超低床車両として、現在主に1号線(広島駅-広島港)を走っているグリーンムーバーマックス(5100形)をベースに製造されました。
そのため外観は似ていますが、全長は単行車(800形など市内線で走っている車両)より長いものの、他の連接車より短くなっています。
(5100形30M、800形15.68M、1000形18.6M)

車内は大半の車両(連接、単行両方)に設置されている車掌台が無く、運転席にモニターが設置されるなど、ワンマン運行を主眼に置いたレイアウトになっているのが今までの連接車との大きな違いです。
車体の色は開業当時の車体色をイメージした赤紫ですが、ピッコロとピッコラでは微妙に色合いが違っていて、ピッコロはあずき色に近い色合いなのに対し、ピッコラの方は赤みが強い色合いになっています。
また、先頭と中央のドアの上に英語で愛称が入っています。

走る路線は
7号線(横川駅-広電本社前)
8号線(横川駅-江波)
9号線(江波-八丁堀-白島)
の3路線、9号線は同時に少ない本数ながら紙屋町方面からの直通運行も始まりました。
(これまでは八丁堀-白島のみの運行でした)
ピッコロとピッコラが9号線を走る時は全便直通運行です。

ゆっくり停車中の車体を見ようと思ったら横川駅電停が良いかも知れません。
市内電車はよく利用するのでピッコロとピッコラに乗るのが楽しみです。



広島SF大全9『猫のゆりかご』&…

広島SF大全9

『猫のゆりかご』『スローターハウス5』(カート・ヴォネガット・ジュニア)

BY  YOUCHAN

イラストレーターのYOUCHANさまを紹介します。 YOUCHANさまは〈SFマガジン〉の表紙も描いていらっしゃいますし、TOKON10のスタッフでもありましたから、「SFに造詣の深いイラストレーター」としてご存知の方も多いのではないかと思います。昨年、本名の伊藤優子名義で『現代作家ガイド6 カート・ヴォネガット』を編著なさいました。(監修:巽孝之・彩流社・インタビュー記事がこちらにあります)ヴォネガットへの傾倒ぶりが遺憾なく発揮されています。 そのYOUCHANさまに『猫のゆりかご』『スローターハウス5』について書いていただきましたので、お楽しみ下さい。(宮野由梨香)

猫、いますか? ゆりかご、ありますか?——広島、ドレスデン、ヴォネガット 

2011年末で活動休止したムーンライダーズの最新アルバム『Ciao!』に「ハロー マーニャ小母さん」(作詞:鈴木慶一/岡田徹)という曲がある。リリース直後には、その牧歌的なメロディーから受ける印象とは裏腹に意味深な歌詞がファンの間で大きな話題になった。表題にある「マーニャ」とはキュリー夫人の子供時代の名前であり、歌詞にも科学者の名前がいくつか出てくる。「ロバート小父さん」は原爆の父、ロバート・オッペンハイマー。「アルフ小父さん」はアルフレッド・ノーベル。とくれば、「アルベルト小父さん」が誰のことなのかは想像に難くないだろう。

しかしながら、この曲の「事実は一つで 真実はたくさんある」というフレーズにニヤリとしたものである。そして間髪入れずに続く「難しいことは 珍糞漢だよね」というフレーズ。ここにヴォネガット的な突き放し感を覚えずにはいられないのだ。

ヴォネガットの代表作として『猫のゆりかご』を上げるSFファンは少なくない。アメリカ本国におけるヴォネガットの出世作は1969年に発表された『スローターハウス5』である。六年前に書かれた『猫』は発売後すぐに埋もれてしまい、再販の目処がしばらく立たなかった作品だ。日本では『猫』が『スローターハウス』より先に翻訳され、本家の刊行と邦訳のタイミングが入れ違っている。『猫』が長い間支持され続けているのは、伊藤典夫による洗練された訳語が古びないことや、ディストピアSFとしての面白さが堪能できることがあげられるだろう。

『猫』では嘘ばかりが教義に書かれているボコノン教という新興宗教と、ひとりの科学者が生み出した化学物質による世界の滅亡が軸にある。主人公ジョーナは『世界が終末を迎えた日』という本を書くため、広島の原爆投下の瞬間に、アメリカの重要人物が何をしていたかの資料を集めていた。取材対象の一人、原爆開発に携わった科学者フィーリクス・ハニカーについて、息子のニュートはこのように述懐する。

実験が済んで、アメリカがたった一個で都市を消滅させる爆弾を保有したことがはっきりすると、一人の科学者が父のほうをふりかえって言いました、”今や科学は罪を知った” 父がどういう返事をしたかわかりますか? こう言ったのです、”罪とは何だ?”

フィーリクスは、興味の赴くままに、常温でも溶けない物質、アイス・ナインを生み出すが、厳重な管理もしないまま死去する。それが元で世界が滅びることになるのだが、フィーリクスにはそういうことへの危惧も責任も、当然ながら良心の呵責も一切ない。ヴォネガット自身も、そこに主眼を置くことはなかった。縦糸に化学物質による世界の終わりが、横糸に新興宗教のボコノン教が描かれ、世界への滅亡という壮大な「ほら話」が紡がれていくのである。

タイトル『猫のゆりかご』の原題は Cat’s Cradle。それは「あやとり」を意味する。両手の指に絡げられた紐を見つめれば、そこに猫が見えるだろう。しかし、本物の猫などいないのだ。

ボコノン教の「嘘の上にも真実は築ける」に通じ、更に掘り下げれば、ヴォネガットが物語の中で展開する「世界の滅亡」ですら、無害なアルファベットの組み合わせにすぎない。物語とは、壮大な嘘だ。

ヴォネガット自身、兵士として戦場に赴いた経験を持つ。捕虜としてドイツの非武装都市・ドレスデンに移送され、その地で英米連合軍による無差別爆撃を受ける。九死に一生を得、帰国したヴォネガットは、友軍によるこの爆撃が、アメリカ本国で黙殺されていることに驚いた。ドレスデンのことをモチーフにした『スローターハウス5』のヒットにより、結果としてこの爆撃は広く知られることになる。この本の中でヴォネガットは、死者の数を比較して、広島よりドレスデンのほうが被害が大きかったと記述した。訳者あとがきで伊藤典夫は、ヴォネガットが放射能被害のことを念頭に入れていない点を指摘した。それを踏まえた上で伊藤が述べているように、これはあくまでも被害者としてのヴォネガットの見解なのだ。自国に蔑ろにされたことへの批判あるいはあてつけとも言えよう。

ヴォネガットは講演会で、広島の原爆投下の影響で本土侵攻が取りやめとなり、海兵隊員として沖縄に待機していたウィリアム・スタイロンが一命を取り留めた事実をあげ、広島への原爆投下がスタイロンに関しては正当であると述べたことがある。ヴォネガットは更に「ドレスデンの恩恵を受けたのは、誰でもないこのわたしだ」と自虐的に続けた。この講演を収録したエッセイの締めくくりで、誰の上にも爆弾を落とすべきではないという結論には至るのではあるが……。(『タイムクエイク』『死よりも悪い運命』)

『猫』においてヴォネガットは、広島に投下された原爆開発に寄与した科学者にスポットを当て、無垢で無責任な好奇心のせいで、世界が滅亡に向かう物語を書いた。作家が教訓や警鐘を表現する場合、もっと内面的な苦悩を描くだろう。しかしヴォネガットはそれをしない。事実は一つだが、関わった人の数だけ解釈が存在する。この「解釈」は「ハロー マーニャ小母さん」の「真実」と置き換えることが出来るだろう。

個人的な感情を小説に内在させることは、科学の進歩に対する不信を表現する手段にはならない。教訓は内在させず、客観的な事実をつきつけて、あとは読み手に委ねる。読者と物語の間に起こる化学反応をヴォネガットは知っていた。あやとりのどこにも猫などいないのに、そこに猫を見出すことができるように。

 (YOUCHAN)

 



【観光】広島の川と橋

中国山地の冠山に源流を持つ太田川が運んできた土砂により作られたデルタにできた街が広島です。

太田川は東から猿猴川(えんこうがわ)京橋川、元安川、本川(ほんかわ)、天満川(てんまがわ)、太田川放水路に 分かれて広島の街を流れています。
こいこんの会場であるアステールプラザもすぐ裏には本川が流れています。
広島では川岸が遊歩道として整備されているところが多く、市民の憩いの場所となって います。アステールプラザの裏側も遊歩道があります。

遊歩道にはあちこちにモニュメントがありますので、それらを見ながらの散歩も楽しいと思います。
アステールの近くでは無いのですが、 京橋川にはオープンカフェもあります。
また、こいこん会場内のアステール内レストランもオープンカフェが楽しめますよ。

基町の中央公園横の川辺では、たまに野外映像上映会が行われるそうです。
8月6日の広島原爆の日の夜には灯篭流しも行われ、幻想的な光景が見られます。
桜並木もあり春にはお花見の名所でもあります。
また川に浮かんだ船で「カキ料理」を出す、その名も「かき船かなわ」があります。
平和公園の東側、平和大橋東詰です。こいこんの会場からは徒歩圏内です。
残念ながら、こいこんの時はかきの季節ではありませんが、お店は開いています。

さらに川をもっと楽しもうという人には「ひろしまリバークルーズ」がおすすめです。
平和公園の北側、元安橋の東側に乗り場があります。
デイクルーズとサンセットクルーズの2種類があります。
川の涼風を楽しまれてはいかがでしょうか。
http://www.aqua-net-h.co.jp/modules/river_cruise/index.ph
さらに、川が多いので多くの橋もあります。平和公園の北には上空からみるとアルファベットの「T」の形をした 相生橋があります。この形のため上空からも目立ち、原爆を投下するためのランドマークになったそうです。

そのほか市中心部だけで80本の橋があるそうですので、橋を訪ね歩くのも、広島を楽しむのにはいい方法では ないかと思います。



【グルメ】広島民の定番お食事処

広島のソウルフードといえば「お好み焼き」と思うでしょうが…。

この3件は、広島民なら誰でも知っているというくらい有名なお店。
是非行って食べてみてください。

●むすびのむさし
http://www.musubi-musashi.co.jp/index.html
本当は、名前の通り「おむすび(弁当)屋」。
しかし、ここのうどんが美味しく、個人的にはうどん屋さん扱い。
メインのおむすびは、塩だけでなく、隠し味に醤油かみりんを使っているようで、ほんのり甘みがあって、普段の倍くらい食べれそう。
うどん+山賊むすびのセットは、大食漢な人も満足のいく量なので、是非お試しあれ。
広島駅新幹線口にも店舗があるので、帰りの新幹線用のお弁当には最適かも。

●ちから
http://www.chikara.jp/
広島最大のうどんチェーン店。
某番組で「広島県民はうどんと一緒に和菓子を食べる」という嘘情報のきっかけになったお店。
メインはうどんですが、和菓子も取り扱っているので、こんな嘘情報が生まれたんでしょう。
まぁ、稀にそういう食べ方をする人もいるらしいですが、ほとんど見たことはありません。
ちなみに広島の人の多くは「うどん派」です。「そば派」は少数なのです。
そしてこのお店、最近は「中華そば専門店」までオープンしました。
この中華そばがまた絶品とは、友人のお言葉。

●徳川
http://www.tokugawa.jp/
広島最大の「関西風お好み焼き」チェーン店。
広島民の誰もが知っているであろう、恐ろしいまでの知名度。
広島で関西風お好み焼きといえば「徳川」しかない、ってくらい有名なお店。
ここはテーブルに鉄板がついており、自分で焼くことのできるお店。それゆえにとにかく家族連れが非常に多い。
味は…自分で焼くので…なかなか難しいです。特にひっくり返すのが。
最近は「広島風お好み焼き」や「もんじゃ焼き」などもメニューに加えられたので、色々と楽しめます。



宿やらパーティやら宴会やら

公式サイトの以下の情報を更新いたしました。

 

●宿泊
http://www.koicon.com/ja/hotels.html

こいこんがオススメする、会場周辺の宿をご紹介。
もちろん、これら以外にも、会場周辺にはいくつもの宿があります。

しかし、地元の花火大会や、8月の平和祈念式典前ということもあり、宿を取りにくくなる可能性がありますので、ご予約はお早めに。

 

●パーティ・宴会
http://www.koicon.com/ja/program/party.html

こいこん公式パーティと、コンパックのご案内です。

双方とも、こいこん参加者のみの受付となっておりますので、ご注意ください。



コンパック2013 in 広島

今年のコンパックは「こいこん公式合宿」として行われます。

開催場所は、原爆ドームのすぐ近くにある「広島の宿 相生」。

詳細その他は、下記でご確認ください。
コンパック公式サイト>http://www.conpack.info/

コンパックTwitterアカウント>@sfconpack

 

※注意事項

コンパックが開催される宿は平和公園のすぐ横にあります。
この時期は、平和祈念式典2週間前ということもあり、周辺には昼夜を問わず多くの警察官が警らしてます。
迷彩服や軍服着用での外出、危険物(ナイフ等)の所持、平和公園周辺でのどんちゃん騒ぎや合唱、原爆ドームの囲いの中に入る行為等は、職質されたり、場合によってはそのまま連れて行かれる可能性もあります。

また、警察関係者や公安関係者以外にも、戦闘服を着て黒い街宣車に乗った方々も多くおられます。
この方達は洒落が通じない人種なので、十分ご注意ください。

SF大会を最後まで楽しみたい方は、その辺を十分にご注意、ご理解いただきますよう、お願い致します。

 



【ゲスト】ただいま16名!

新たにゲストとして参加表明を頂いた方々のお名前を発表させて頂きます。

なお、本大会では、ゲスト・オブ・オナーの選定はしておりません。

(登録順、敬称略)

  • 立原透耶
  • 大野万紀
  • 八代嘉美
  • 芝村裕吏
  • 重馬 敬

現在までに参加表明を頂いているゲストのお名前は、公式サイトにまとめてありますので、そちらでご確認ください。
(現16名)
http://www.koicon.com/ja/guests.html



【ゲスト】こいこん参加表明ゲスト

2月1日時点で、ゲストとして参加表明を頂いている方々のお名前を発表させて頂きます。

なお、本大会では、ゲスト・オブ・オナーの選定はしておりません。

(登録順、敬称略)

  • 天瀬裕康
  • 津田文夫
  • 西島大介
  • 笹本祐一
  • 大野典宏
  • 横山信義
  • 富永浩史
  • 都築由浩
  • 堺三保(米国よりネット参加)
  • 大森望
  • 榎本秋