広島スポット紹介:サロンシネマ

広島でミニシアターというと、「サロンシネマ」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
今回は老舗のミニシアターである「サロンシネマ」とその系列館「シネツイン」「八丁座」を紹介したいと思います。

「サロンシネマ」は、こいこん会場のアステールプラザから最も近く(徒歩14分 1Km強)にある映画館です。
元々は別の名前で直営封切り館として営業されていたそうですが、1971年にリニューアルして館名も「サロンシネマ」に変更。当初はいわゆる名画座として、名作の再映を中心とした上映がなされていました。
またもや個人的な思い出で恐縮ですが、今を去ること3X年前、ここで『時計じかけのオレンジ』『ファントム・オブ・パラダイス』の2本立てを観たのが、現在のわたしの映画好きの原点であることは確か。当時は(おそらく)現社長のお母様がモギリをなさっていて、受付の後ろの壁の黒板に上映予定が書かれていたのが懐かしく思い出されます。
(しかしこの2本立て、今にして思えばすごいな…)

1994年には再びリニューアルし、同じ建物にある別の劇場を「サロンシネマ2」としてオープンし、現在はミニシアター系の映画を中心に連日上映されています。

さて「サロンシネマ」と言えば【フィルムマラソン】について触れないわけには行かないでしょう。
【フィルムマラソン】は、25年以上前から続くオールナイト上映会で、その回数はなんと566回を数えます。
毎回テーマに沿った作品が選ばれ、上映の途中にはスタッフによる眠気覚ましのトークやクイズ大会も挟んでの上映会。『恐怖奇形人間』『皆殺しの霊歌』『フレッシュ・ゴードン』(フラッシュに非ず)『アタック・オブ・キラー・トマト』などなど、フィルマラでなければ観られなかった映画も数知れず。さすがにオールナイト上映での『惑星ソラリス』は辛かったけど。
2012/07/21の『フィルムマラソン566 市川雷蔵特集 7/17命日に寄せて』以降少しお休みされていますが、決してやめたわけではなくお休みしているだけとのことです。

上映作品はもちろん、映画を見る環境として大事な座席もサロンシネマの特徴の一つ。
「サロンシネマ1」はレザー張りのソファー(幅75cm)と広々の上、全席カウンターテーブル付き。
「サロンシネマ2」の方は、マツダ車(ユーノス800)のシートをアレンジしたもので、全席リクライニング機能付き、カップホルダー内蔵アームレスト有りというもの。
いずれも快適すぎて眠気を誘うという贅沢な愚痴が出るほどです。

「サロンシネマ」には「シネツイン本通り」「シネツイン新天地」と「八丁座壱」「八丁座弐」という4つの系列館(姉妹館)があります。

「シネツイン本通り」は1989年、「シネツイン新天地」は2005年にオープンした映画館で、いずれもその名の通り繁華街(本通り/新天地)近くにある個性的な劇場です。
「シネツイン本通り」は、多くのファッションビルが立ち並ぶ本通りと中の棚の間、地下にある映画館。ゆったりしたシートには両側に肘掛けがあり、全席小さなテーブルが設置されています。
「シネツイン新天地」の方は、歓楽街である新天地にあり、全席単独の肘掛けにはドリンクホルダーがついています。

「八丁座壱」「八丁座弐」は、広島市街ど真ん中、デパートの8階に2010年にオープンした映画館です。
「八丁座」の名前が示すように、こちらのコンセプトは「和」。江戸時代の芝居小屋をイメージしたということで、始めて入ったときは檜のいい香りに少し感動したものです。
こちらのシートも特注のオリジナルシート。一種類ではなく場所によってさまざまなシートが設置されていますが、どの席もゆったりしているのは共通しています。

ゆったりとくつろげる応接間のような「サロンシネマ」
これぞミニシアターというイメージの「シネツイン」
江戸時代にタイムスリップしたかのような「八丁座」
と、内装や雰囲気はそれぞれですが、そこで上映される作品はどれも一級品。
「知らない作品だけど、ここでかかるのならきっと面白いだろう」と観に行って、結果大満足だったという経験をなんども味わっています。
広島に来たのであれば、ぜひ一度体験してみて下さい。

序破急HomePage: http://www.saloncinema-cinetwin.jp/
(サロンシネマ1・2、シネツイン本通り、シネツイン新天地、八丁座の広島地場劇場運営会社)

 

 



紅葉情報

広島といえば「もみじ饅頭」。
もみじ饅頭といえば「宮島」。
宮島といえば「紅葉」。
と、意味不明な繋げ方をしたところで、広島の紅葉情報を。

数年前までは10月中旬から見頃を迎えていた紅葉も、ここ数年は11月近くまであまり色付かず。
10月中旬まで暖かい近年では、「見頃は11月初旬~」になってしまっています。
場所によってはすでに見頃を迎えていますが、半数はこれからが見頃。
宮島は、11月23日からの連休が丁度いい感じの予想になってますね。

広島県の紅葉情報 – 日本気象協会 tenki.jp
http://season.tenki.jp/season/kouyou/pref-37.html

ちなみに…

広島 / 紅葉情報2012-じゃらんnet
http://www.jalan.net/theme/koyo/hiroshima/

ここの情報にあるお寺の一つは”出る”っていう噂です。
ドコとかナニガとかは言いませんが”出る”っていう噂です。

 



広島スポット紹介:横川シネマ

ミニシアター受難の時代、だそうです。
シネコンの増加によりスクリーン数が増え、これまでミニシアターで上映されていた番組もシネコンで上映されるようになったことや、デジタル化が進んで既存の上映施設では対応できなくなっていることなどが原因といわれています。
と言ってもまだまだ日本全国にはミニシアターと呼ばれる映画館はたくさんあり、各館ともシネコンにはない独自の特色を生かしつつ頑張っておられます。

こいこんの地”広島”にも、いくつかミニシアターがあります。今回はその一つ「横川シネマ」を紹介いたします。
横川シネマは、1999年11月27日オープンした映画館です。支配人の溝口さんは、98年閉館した広島ステーションシネマで多くの自主上映レイトショーをされていた方です。
個人的な話になりますが、ステーションシネマのレイトショウで『マウス・オブ・マッドネス』を観た時の記憶は今でも忘れられません。(観客自分だけで観た上、帰路誰もいない駅ビルの中が怖かったこと怖かったこと)

実を言うと、「横川シネマ」には、SFファンとしては見逃せないポイントがあるのです。
もともと、モギリから上映はおろかパンフレットの販売まで、溝口支配人一人でされていたのですが、昨年より時々「バイトくん」がお手伝いに入ることがあります。
このバイトくん、その正体は『Young, Alive, in Love』の刊行も記憶に新しいマンガ家の西島大介さんなのです。西島さんと言えば、Jコレ「凹村戦争」でデビューし、SFマガジンにも多数寄稿されている生粋のSF者。横川シネマでSF映画がたくさんかかるというわけではないのですが、(一部の)SFファンの琴線に触れる作品も多数上映されています。

上映ラインナップは、関東で言えば「ポレポレ東中野」関西で言えば「第七藝術劇場」のような、単館系の中でもアングラ色の強い作品が中心です。
さらに、各種イベントにも力を入れていて、監督さんや役者さんを迎えてのティーチインはもちろん、爆音上映からトークショウ、果てはライブ演奏までと、いわゆるサブカルチャーの溜まり場的場所になっています。
近いところでは、11月に「刺激的かつアットホームなイベント【Viii】」が、2つのイベント(トークショウ)を開催する予定です。

単なる映画館ではなく、確実に文化発信基地として根付きつつある「横川シネマ」は、こいこん会場アステールプラザから徒歩10分+路面電車12分のJR横川駅そばにあります。
雑誌やインディーズCD(もちろん西島-DJまほうつかい-大介さんのも)等、物販も充実していますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

横川シネマHomePage : http://yokogawa-cine.jugem.jp/
Viii HomePage : http://viii8.net/



« 前のページ