【企画】ライトノベル作家パネル

2004年のライトノベル発見ブームからはや10年が経とうとしています。打ち止め打ち止めと言われながら相次ぐ新規参入。ネット小説。俺強い作品のブームに、メディアワークス文庫の成功など、幅広い視点から「ライトノベルの今」についてゲストの作家さんにもご参加いただいてお話していければと思います。ファンのかたも志望者の方も業界関係の方もぜひお集まりください

出演者:アサウラ(作家)、織田兄第(兄・健司)(作家)、吉田親司(作家)、榎本秋(作家)



【企画】【サカサマのパテマ】吉浦監督ってどんな人?【イヴの時間】

2010年に劇場公開された『イヴの時間』で原作・脚本・監督、
そして今秋公開予定の『サカサマのパテマ(11月9日(土)、全国劇場公開)』では原作・脚本・監督をつとめる吉浦康裕さんがSF大会に3度目の登場!
今回は、司会にSF大会常連ゲストでアニメにも詳しい作家・笹本祐一さんを
迎え、吉浦監督の作品にかける思いやこれまでにあった面白エピソードなどを
いろいろ引き出しちゃいます。
SF大会だからこそできたこの対談 乞うご期待!!

出演者:吉浦康裕(アニメーション監督)、笹本祐一(作家)

 

本企画は一般公開企画(こいこん参加者以外の方もご覧いただけます)です

本企画は、「こいこん第52回日本SF大会チャンネル(http://ch.nicovideo.jp/sf-con)」での生放送も予定しております。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv145262148



【企画】机上理論学会論文発表会

ノンジャンルで論文発表形式に屁理屈をこねる机上理論学会論文発表会です。
時事ネタかどうかは分かりませんが、今年も新ネタでの論文発表を行う予定です。
出来ればネタについての議論が出来ればとも思っているのですが。
是非、机上理論学会にご参加下さい。

前年は休みましたがSF大会ではここ10年程やらせていただいております、知っている人は知っている机上理論学会の論文発表会です。
主な活動としてはコミケで論文集を頒布させていただいてます。

机上理論学会のサイト
http://www.kijo-riron.com/
ツイッターアカウント kijoriron

出演者
さうす
渡辺ヤスヒロ



【企画】板橋克己のメカ談義&オリジナル映像「恒河沙2」

板橋克己は師・松本零士のアニメ作品の中で多くのメカを生み出した日本のメカデザイン界の草分けの一人。
その頭の中でメカはどうやって発想されるのだろう?
当時のアニメ制作の現場でどのように仕事をしていたのだろう?
メカを描きだした動機は?
あのメカにまつわる秘密とは?
描いていたのは松本アニメのメカだけじゃない?!…後輩メカデの岡武志が迫る!

オリジナル宇宙船が飛ぶメカ映像詩「恒河沙2」の上映あり

出演者: 板橋克己(メカデザイナー)、岡武志(メカデザイナー)



【企画】「視覚映像文化とSF」の部屋――テクノロジー・カメラ・アメリカ・文明批評

メガネ型端末「Google Glass」の登場、セキュリティ・カメラからセルフ・カメラまで私たちの日常はますます「見る」「見られる」「見せる」欲望に満ちています。映画やアニメ(アニメーション)などの視覚映像文化作品はどのように「見る/見られる/見せる」欲望とその問題点を表象してきたのでしょうか。テクノロジーの発展史を軸に、アメリカ文化研究者によるパネル・セッション形式で、「視覚映像文化とSF」の過去・現在・未来を批評的に展望します。

出演者:
中垣恒太郎(大東文化大学・文化研究)
清水知子(筑波大学・比較文学、メディア文化論)
鈴木・CJ・繁(ニューヨーク市立大学・文化研究)



【企画】SF翻訳家の作り方

SFは国内作品と海外作品が対等に扱われる数少ないジャンルではないでしょうか? そんな海外作品を支えているのが、優秀な翻訳家の存在です。ところで、私たちに海外のすばらしい作品を届けてくれる翻訳家の方々は、どのように誕生したのでしょうか? 編集者、翻訳学校、翻訳ファンジンなどなど、様々なバックグラウンドを持つ皆様から、翻訳家になられた経緯をお伺いします。これであなたも翻訳家になれるかも?
出演者:
大森望(書評家、翻訳家)、嶋田洋一(翻訳家)、中村融(翻訳家、アンソロジスト)
平林孝之(司会)



【企画】すごい科学で守ります!

毎度おなじみ、長谷川裕一とゆかいな仲間たちによる東映特撮SF考証です。
元々はスーパー戦隊や仮面ライダーを一つの世界観で説明できるようなSF的に設定を作ってたんですが、最近はゴーカイジャーやディケイドやスーパーヒーロー大戦でオフィシャルが繋がっちゃってなんだかなぁって感じです。
でも特撮愛は変わらない! 今年も語るぜ!
スーパーヒーロー大戦は映画なんで年一度のお祭りなんだけど、今年の「Z」も新ギャバンとイエローバスターとゴーカイシルバーメインで熱かったからね!
こっちも負けないように熱く語るぜ! 重妄想!

出演者:長谷川裕一、笹本祐一



【企画】ファンタジー茶話

今年1年のファンタジー作品を、小谷真理さん、ひかわ玲子さんをお招きして、
お二人のお勧めファンタジーを語って頂きます。幻想・怪奇好きは集まれ!

出演者:小谷真理(SF・ファンタジー評論家) ひかわ玲子(作家)



【企画】日本刀のできるまで

時代劇や歴史博物館ではよくお目にかかる日本刀ですが、日本刀って何から作られるかご存知ですか?そう、玉鋼(たまはがね)。よくご存知ですね!
では玉鋼の現物を見たことは?そして玉鋼がどうやって日本刀になるのか?隣の島根県から現役の刀匠をお呼びして作刀についてお話していただきます。
また疑問質問大歓迎!小林刀匠にいろいろ聞いてみよう!

出演 :小林貞永(刀匠)
聞き手:笹本祐一(作家)



【企画】SF古代生物の部屋-Kawaii! 古生物学-

瑞浪Mio(ミオ) って知ってるかい? これでも化石博物館の公式キャラなんだぜ! 世間ではカワイイ女の子だって戦車に乗るんだよ。だったら、カワイイ女の子と化石をとりに行かなイカ? 学者だって萌えるときはガチで萌えるんだ。
というわけで毎度古生物学の現場から最先端の話を聞く当企画、今回は別方向に最先端なkawaii! 教育普及萌え化石ッ娘Mioちゃん(cv.野中藍)の仕掛人をお招きして、古生物学とサブカルチャーの接点だか浸食だかをアレしてナニしてみる予定です。
そのほか噂の化石ほ乳類や恐竜等々、研究成果の話題ももちろんあるハズ。今年は戦隊も恐竜だしね! (注:野中藍さんは出演しません。ご了承ください)

出演者:
富永浩史(小説家)
安藤佑介(古生物学者、瑞浪市化石博物館)
徳川広和(古生物復元造形作家)
荻野慎諧(古生物学者)
渡部真人(古生物学者)



« 前のページ次のページ »